東海骨バンク

現在、骨銀行を実際に行なう『東海骨バンク』とその活動を支援する『愛知骨軟部組織移植振興財団』の2つの組織が各々の事業を行なっております。
現行の法律の下では、亡くなれた人からの骨ならびに組織の摘出は、医療行為として医療機関の下で行われなければなりません。
実際の骨提供者からの骨摘出・骨の管理・骨移植適応患者への移植は10の医療機関の加盟する東海骨バンクが地域骨銀行として行っております。

最新情報